歯周病治療PERIODONTICS

早めの発見と治療、
定期的なケアが必要な歯周病

歯周病とは、歯肉や歯などの歯を支える部分に起こる病気のことです。虫歯と同じくお口の中の細菌を原因として発症する感染症でもあります。歯周病は自覚症状がわかりにくく、初期の段階でははっきりとした症状が見られませんが、症状が進行すると歯ぐきの痛みや腫れを感じるようになります。その場合には歯周病がかなり深刻なレベルに達していると考えられるでしょう。

症状が深刻化してからはじめて気づく歯周病。そうなっては食事や会話を十分に楽しめなくなります。だからこそ、日ごろからの意識と早めの治療が何よりも大事になってくるのです。

歯周病の原因とは?

歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」に歯垢(プラーク)がたまることによって、歯周病が起こります。歯周ポケットに残り続けた歯垢に潜む細菌が炎症を起こし、悪影響を与えるためです。
そのほかにも

  • かみ合わせの悪さ
  • 歯ぎしり
  • 歯並びの悪さ
  • 喫煙

などが歯周病の原因になるケースもあります。お口の中の清潔感だけでなく生活習慣がかかわっていることも否定できず、根本的に解決するには全体的な原因を見出していく必要があります。

歯周病が進行するとどうなる?

歯周病が進行すると、生活に支障が出るほどの症状に苦しむことになります。

健康な歯ぐき

全体的に問題なく、健康的な歯周環境によって歯が守られている状態です。歯ぐきも鮮やかなピンク色で引き締まっていて、歯と歯の間をしっかりと支えています。ブラッシング中の出血や痛みなどの症状もありません。

歯肉炎~中程度

歯周病の初期症状です。歯ぐき自体はしっかりと引き締まっていますが、歯と歯ぐきの間にプラークがたまり、炎症が起こっていることが確認できます。歯ぐきはピンク色から赤くなり、ブラッシング中に出血することもあります。痛みはまだありません。

この状態が続くと中程度の症状に進行します。歯周ポケットがさらに深くなってあごの骨が溶かされ、痛みはないものの、歯ぐきの浮つきやかゆみに気づくことはあります。

歯肉炎中程度~重症

炎症がさらに進んだ、かなり深刻な状態です。あごの骨がほとんど半分溶かされ、歯ぐきのぐらつきをはっきりと感じるようになります。出血やかゆみなどの症状に加え、この段階からは「口臭がする」「食事中にしみるような感覚がある」「歯ぐきから膿が出る」などの自覚症状が増えていきます。

歯周炎重症

あごの骨の大部分が溶かされた、歯周病の末期症状です。歯のぐらつきがさらに激しくなり、最悪の場合には抜け落ちてしまうこともあります。食べづらさや口臭も以前に増してひどくなります。

歯周病治療で大事なポイント

歯周病は進行性の病気でありながら、ご自身で気づくのが難しいという点があります。進行を防ぎ良い状態を保つには、定期的なメンテナンスと生活習慣の見直しが大事なポイントです。

定期的なメンテナンスが必要です

歯周病を完全に治すことは難しいものです。良い状態を維持するためには定期的にチェックを受け、進行を防ぐ必要があります。
当院のメンテナンスでは

  • レントゲン検査
  • 歯ぐきの検査
  • 歯周ポケットの測定
  • かみ合わせの確認
  • ブラッシングの確認
  • ブラッシングの指導
  • 必要に応じての治療

などをおこなっております。お口の中の健康を守るためにも、定期的なチェックをおすすめします。

生活習慣を見直しましょう

不十分なブラッシングと生活習慣が原因となる歯周病は、生活習慣病のようなものだと言えます。だからこそ、治療と同時に生活習慣も改善し、健康な歯を守っていくことが大事なのです。

バランスの取れた食生活と適度な運動、ストレスと上手に向き合える生活習慣も、歯周病を防ぐには大いに役立ちます。ぜひ普段から気を付け、あなたの歯と歯ぐきを守りましょう!

お問い合わせ・CONTACT

ご予約お問い合わせはこちらまで・Tel 04-2951-5555
24時間WEB予約

アクセス・診療時間 access / schedule

正栄デンタルクリニック 〒359-0021 埼玉県所沢市東所沢一丁目3-11 2F
TEL 04-2951-5555

 
10:00-13:30
15:00-20:00

水は10:00~13:30/15:00~18:00

土日は9:00~13:00/14:30~17:00 休診日:月・金・祝日
JR武蔵野線東所沢駅徒歩30秒

24 時間WEB予約 採用情報